会社案内

ホーム > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和30年 2月 大都商会を設立し、ライオン油脂株式会社の諸作業に従事。
昭和37年 5月 阿部運送店を譲渡譲受し、阿部運送有限会社となる。
昭和38年 5月 阿部運送有限会社を大都運送有限会社と商号変更。
昭和40年 12月 丸佐運送有限会社(昭和33年6月設立)と合併し、商号を武州運輸有限会社に変更。資本金450万円、保有車輛33輌となる。
昭和47年 4月 区域(限定)免許から、一般区域免許となる。
12月 普通倉庫業認可。埼玉営業所(埼玉倉庫)開設。
昭和50年 9月 会社組織、商号、役員の変更。武州運輸倉庫株式会社となる。
11月 増資により新資本金1,500万円となる。
昭和54年 5月 自動車運送取扱事業登録。
昭和63年 3月 貨物運送取扱(通運)事業認可。
平成2年 9月 北関東PDC開設。(現、大利根センター)
平成7年 12月 増資により新資本金3,000万円となり、ライオン流通サービス株式会社の連結子会社となる。
平成10年 7月 コンテナ型特装車輛による幹線輸送を開始。環境負荷軽減と荷役作業効率を図る。(31フィート油圧式緊締装置と油圧式ジョルダーを搭載したコンテナ車輛)
平成16年 7月 デジタルタコグラフ搭載開始。全営業所車輛に搭載し、安全運転・エコ運転を推進。
平成17年 1月 全営業所にて「安全性優良事業所認定」取得。
6月 全営業所にて「グリーン経営認証」取得。
平成18年 10月 増資により新資本金9,000万円となり、丸全昭和運輸株式会社の子会社となる。
平成20年 1月 丸全昭和運輸(株)との共同配送の推進に伴い倉庫荷役・輸送業務の拡大と併せ、東日本地区の共同配送拠点の倉庫運営・輸送体制の構築を図る。

ホームへ戻る