会社の取組

ホーム > 会社の取組 > 社員研修

社員研修・教育

各営業所・センターでの月次・随時ミーティング開催

毎月1回は固定で全ドライバー及び運行管理者・整備管理者他立会いのもと、ヒヤリハット事例、安全・環境面での意見交換などを行った上、会社からの指示事項を伝達します。
ヒヤリハット事例等では自社以外にも他社での事例(トラック協会資料他)も含め広範囲の事例をあげ、注意喚起を行います。
その他、重大事故につながる恐れのある事例(他社事例など)や社内での軽微な事故発生時は緊急にミーティングを実施し、一人だけではなく全員共有の「思い」として指導しております。

各営業所・センターでの月次安全品質委員会開催

毎月1回実施しております。
業務上での安全に対する「ヒヤリハット」事例や、夏季での脱水症状の回避のための注意事項の伝達、啓蒙なども行います。自社のみならず、弊社に届けに来られるドライバーの皆様へも熱中症予防の啓蒙・対策を行うことなどを決めます。
品質に関しては「愛貨精神」のもと、全社員一丸となって、品質向上・CS向上のため、意見交換や注意事項の伝達などを行います。

ドライバー合同研修会開催(年2回)

弊社全営業所のドライバー・運行管理者、整備管理者、管理職などが参加するのはもちろん、日頃ご協力頂いております協力業者様にも参加を頂き、弊社の考える安全・環境・品質・CSなどを伝えるとともに、優秀ドライバー表彰(環境面、安全面など)を行い、意欲向上に努めています。 荷主物流ご担当者様や近隣管轄警察署から交通課の方に講師として、荷主様の望む物流品質や警察署交通課による事故事例、注意喚起の基本原則などを講義頂きます。「愛貨精神」のもと、お客様へ満足頂ける輸送を全社員・協力業者様一丸で進めております。

フォークマン合同研修会開催(年2回)

2センター合同での倉庫フォークマンの研修会を実施しております。 講師には外部フォークリフト会社の整備担当者などに出席頂き、実地研修を実施したり、荷主様目線からの商品取扱基準などの講義となります。 「愛貨精神」のもと、荷主様よりお預かりしました商品を綺麗な状態で、お届けできるよう、全社員一丸となって安全作業・品質向上・CS向上に努めています。

外部研修会等への積極参加

  • ・職長研修
  • ・安全推進者

〈国家試験有資格者〉

・運行管理者 19名
・衛生管理者 6名
・危険物取扱者 6名

ホームへ戻る