車輛紹介

ホーム > 輸送部門 > 車輛部門

当社車輛は主に「特装車」と呼んでいます特別装置のついた
車輛を使用しております

大型緊締装置付ジョルダー車

油圧にてジョルダー(底面)及び緊締装置(天井面)が稼働し、製品積込後には装置を下し商品を固定、 荷下ろし時には、緊締装置等を解除することで、簡単にパレットごと商品を移動できます。

天井面から緊締板を油圧で降下させ商品を固定

天井面から緊締板を油圧で降下させ、ジョルダーも下して商品を固定

商品の引出・積込には16パレットで10分程度

<この装置の特徴>
工場等での積込時間の大幅削減
ラップ等の削減効果(環境面・コスト面)
荷下ろし時間の大幅削減
  ⇒輸送回数の増加
  ⇒受け手側(倉庫側)での人件費削減

**倉庫内での環境面での対応では電力等の
削減も必要。荷積・下しの省力化を実施。

再生ボタンをクリックしていただきますと動画がご覧になれます。

※当、緊締装置の特装車での工場間輸送は「韓国のニュース番組」に取り上げられたことがあります。

大型31フィート緊締装置付ジョルダー車

大型緊締装置付ジョルダー車を31fコンテナとして製造したものです。大阪では丸全昭和グループの㈱スマイルラインと提携しています。 大阪−東京間を夜間に貨物として移動させ、日中は通常業務を行うことで、車輛回転を上げるとともに荷主様の環境面での貢献と荷役作業の効率化での「WINWIN」の関係を築いています。

ホームへ戻る